ブログ

保険内容の確認が可能に!「家族情報登録制度」

こんにちは(^-^)/ 最近、やっと秋めいてきて過ごしやすくなりましたね。秋は短いので秋服を楽しみたいと思いつつ、いまだ夏装いになってしまっている橋本です(o ̄∇ ̄o)♪

 

さて、私の親ももう65歳以上、父は71歳を迎えました。まだまだ若いと思っていますが、親の事を何にも知らないでは何かあった時に困る歳になってきました。そんな中、親の保険についての記事を読みました。

 

東日本大震災をきっかけに契約者が事前に登録した家族であれば、契約内容などの問い合わせに応じる「家族情報登録制度」を新設する保険会社がここ数年増えているという内容でした。保険内容について家族であれば契約者本人に代わって保険の内容を教えてもらえると思っていましたが、そうではなく、原則、契約者以外に契約内容は教えられないようです。

この制度が創設されたため、登録した家族が電話などで保険会社に問い合わせると、具体的な契約内容や保険金請求のための手続き方法を教えてもらえるようになり、保険金の請求漏れを防ぐことができ、受け取れるはずの保険金がもらえないといった事態を避けられるようになりました。

 

登録できる家族は3親等以内の親族、登録可能人数は1~3人という会社が多いようです。引越しや災害などの理由で定期的な契約内容の確認通知などが契約者に届かなくなった場合に登録した家族に会社から連絡もできるようになり、保険会社にもメリットがあるようですね(^-^)

契約者の高齢化にも対応できるようで、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が10月に発売する認知症保険では1人の家族情報の登録を必須としています。

 

ただし、この制度は保険金の請求や解約、登録内容の変更などはできないので、そういった手続きもできるように「指定代理人」の登録をする必要があります。また、登録時と利用が必要になった時点とで家族の状況が変わっていることもあるので、定期的な確認と見直しが必要になってきますね(o^^o)

 

親の保険のことは全く気にしていなかった私ですが、これをいい機会にこの登録のことを親に話してみようと思います。また、親の保険もですが、自分の保険も定期的に確認と見直しをしていきたいと思いました。

親の歳もですが、災難災害が多く起こっている昨今、必要なことは早めに行動したいと思います(^^ゞ

ガン保険、見直すなら今!1mlの尿で初期のガンを発見?!

こんにちは!アシスタントの橋本ですo(^▽^)o

 

先日、「名古屋大学や九州大学などの合同グループが、わずか1mlの尿から、がん細胞が分泌する「マイクロRNA」という細胞内にある物質を取り出す技術を開発した。」という話を聞きました!

これで極初期のガンが見つかるようになったら、たくさんの人のガンが発見される可能性が高くなるために、ガン保険に加入している方に対して今までより100万円などの診断給付金を払わないといけなくなる事が予想されています。

つまり、ガン診断給付金の支払条件が厳しくなる保険がこれからは主流にならざるを得ない為、今のうちに入り直したほうがよさそうですΣ(゚д゚;)

私は、ガン保険には入っているけど、どんな内容だったかさっぱり覚えてなくて、担当さんに詳細を聞いたところ、10年更新で、主契約(ガンの手術、放射線治療、抗がん剤)のみの契約となっていました。

 

そこで、すぐに愼に相談!今一番私のニーズにあったガン保険を教えてくれました!

今の私にとって、合うのは・・・

終身!特約:通院とガン診断給付金

理由:①10年更新では10年後に金額あがるし、10年の間にガンになったら次入れないこともあるから。

②医療保険で入院や先進医療はついているから、特約ではこの2つで十分。

今の保険の担当さんに、同じ保険内容があるかを聞いてみたところ、「ガン診断給付金自体、うちの保険の特約にはない」と言われ、友達ということもあり悩みましたが、変えることにしました!

これで一安心です(´∀`)

保険って、安心の為に入っているんですけど、世の中の動きも把握して入っていないと、ただ保険屋さんに言われるがままに内容もあまり確認せずに入っているだけではダメですね!

皆さんも、是非自分が入っているガン保険の内容を確認してみてくださいね(^_-)-☆

空き家の保険

こんにちは、慎ですo(^▽^)o

今日お客様から電話で、「実家が半年前から空き家になっていますが、火災保険に入れるのでしょうか?」というお問い合わせがありました。

そこでお調べしてみると、空き家は住宅以外の建物と見なされ、掛け金が倍増してしまうが、契約自体はできるということがわかりました。

例えば、同じ建物でも人が住んでいる場合、木造一戸建ての火災保険の掛け金が年万円だったものが、空き家になったとたんに保障内容が簡素化された上に掛け金が倍以上の11万円ぐらいになってしまいます。

空き家でも火災保険に入れるのは安心ですが、これから空き家になりそうなお家があったら、早めに長い期間の保険に切り替えたほうが良いかもしれません(>_<)

ちなみに現在、日本には空き家が810万戸もあるそうで、これからは空き家の火災保険の需要が高まってきそうですね!