ブログ

薬局での処方箋受け取りがスムーズに

こんにちは!アシスタントの越治です。

寒くなってきましたが、みなさん衣替えは終わりましたか?

私は、未だに毛布をださずに寝ていたら、風邪っぴきになってしまいました(T▽T)

 

さて、風邪の多い季節になると通院する機会も多くなってくると思いますが、病院で長時間待たされた挙句、薬局でも処方箋をもらうのに待たされる。家に帰る頃には意識が朦朧としている、もしくはお子様がぐずりだす・・・。そんな経験はありませんか?

先日、薬局での処方箋がスムーズに受け取れる!という記事を読みました。

病院でもらった処方箋をスマートフォンなどで撮影して薬局に送っておくと、受け取り可能になったらメールなどで通知が届く仕組みになっており、自分の都合のいい時間に取りに行けるというサービスです。

このサービスを利用すれば、診察後は自宅近くの薬局で処方箋を受け取れるので、移動時間や従来待たされていた時間をほかの用事にも使え、効率的に薬を受け取れるようになります!

他にも、こんなメリットがあるようです。

〇滞在時間を減らすことで、小さい子供をもつ親が薬局でのインフルエンザなどの感染リスクを減らすことができる

〇ビジネスパーソンは、朝病院に行って、仕事帰りに最寄りの薬局で薬を受け取れる

私も使ってみましたが、病院帰りに家の近くの薬局に着いた時には薬が用意されていて、便利でした!!

受け取れる薬局も、全国1万店舗から選べるサービスもありました。

ただ、事前にデータを送っていても処方箋の原本を持っていかないと薬は受け取れないので、忘れないようにご注意ください★

「子育て支援パスポート」

こんにちは(^-^) アシスタントの橋本です!先日、両親、兄家族と私たち家族の3家族で中津のコスモスを見に行ってきました!見渡す限りのコスモスを初めて見たので、大興奮でしたO(≧▽≦)O 薄いピンクや濃いピンク、オレンジ、白など様々な色のコスモスがあり、その色を活かしてコスモスでひまわりやミニオン、パンダ、ハートなどが描かれていました☆お花は満開の時に行けた時が一番いいので、また機会があれば行きたいなと思いました(^-^)

 

さて、先日、子育て世代が小売店や外食店などで割引やサービスを受けられる「子育て支援パスポート」についての記事を読みました。

以前は印刷物が中心だったのが、東京では2018年2月からスマホに専用アプリをインストールするデジタルパスポートの発行が開始されました!このアプリでは、地図画面にパスポート協賛店がピンで表示され、ピンを押すと店名やおむつ替えスペースの有無、店から受けられるサービスを見ることができるようになっています。

 

子供がいる友達と出かけることも多々あるので、早速、アプリを検索してみましたが、まだ福岡、北九州ではこのアプリはありませんでした(T_T)福岡では、インターネットで「子育て応援パスポート」と検索して、パスの利用登録をして使えるようになっていました。

平成30年3月末時点で利用店舗は21,348店舗あるようです。

北九州の利用できるお店を見てみました。1部ですが、例をあげると・・・

 

○マクドナルド・・・哺乳瓶のお湯のサービス、チーズバーガーハッピーセットを特別価格にて提供

○ミスタードーナツ・・・お好きなドーナツまたはパイ6個以上お買い上げで172円(税込)以下のお好きなドーナツ・パイ1個プレゼント

○CERCA(美容室)・・・ミルクのお湯サービス、予約時の相談で貸切可、パス提示でメニュー料金1,000円OFF

 

ただし、自治体によって特典を受けられる子供の対象年齢が異なり、商品購入の割引やサービスも住民限定の場合もあるので注意です。ちなみに、福岡では18歳未満の子供がいる家庭を対象としています。

現在、アプリが利用できるのは、東京、神奈川、名古屋、京都、札幌、青森、長野、石川、長崎などでした。

今後、福岡でもアプリが使えるようになればと思います(^-^)/

はじめまして!越治です

はじめまして!

10月からこちらで働くようになった越治と申します。

昨年までは関西で働いており、この度地元の北九州に戻ってまいりました。

関西では運転する機会がなかったため、免許を取得して10年以上経ちますが、ゴールド免許で典型的なペーパードライバーです。

先日久しぶりに車の運転をしたら「どっちがアクセルだっけ?」から始まり、同乗者に「頼むから運転しないでくれ・・・」とお願いされてしまいましたが、これから頑張って運転していこうと思っております(・◇・)

 

先日初めてセミナーを受講してみて、「何もせずにいたら将来やばい!」「今の時代は会社や国任せでは、将来の自分や家族が困る時代なんだなぁ」と実感しました。

私自身、前職は保険会社に勤めており、保険制度などは勉強していましたが、それ以外の金融商品のことは仕組みもなにも分かっていませんでした。

でも、いざ知ってみると「こんな方法もあるんだ!」と、将来に対する不安が少し軽くなりました。

情報を知っていて、そこからどんな選択をするのかは自分次第だけど、「知っている」のと「知らない」のとでは全く違うと思います。

私もこれを機会に、自分でも家計の見直しを行っていこうと思いました。

 

まだまだ分からないことばかりですが、頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!

歩いたり、体重を入力したりするとポイントが貯まるアプリ

こんにちは(^-^)/アシスタントの橋本です。私は裁縫を初めてかれこれ5年以上経ちます。最近は自分のスカートを作ったり姪っ子のワンピースを作ってみたり、いろんな事に挑戦しています!何事もコツコツ続けるって大切ですよね(o ̄∇ ̄o)♪

 

さて、先日、裁縫を教えてくれているおばちゃんがポシェットをずっと肩にかけてたので、置かないのか聞くと、

「これはね、ドコモのアプリで歩いただけでポイントが貯まるようになってるのよ」と言われました!何のこと?と思いながら、私もドコモなのでアプリを探してインストール!

これはドコモがやっている「dヘルスケア」というので、毎日配信されるミッション【体重を記録、6000歩歩くなど】をクリアすると、特典としてポイントがもらえるというものでした!

ポイントは抽選なのでいつももらえるわけではないですが、最大50pがもらえて、たまったポイントはdポイントになるので、携帯を機種変するときやdマーケットでの買い物などで使うことができるようになってます!

ポイントがつくのは毎日少しずつですが、塵も積もれば山となるってことで、これもコツコツ続けると大きいですよね(^-^)/それに、歩くのは健康にもいいですし♪

私も最近、体重が増加傾向にあり、色んなものが美味しい秋に突入したこともあり、ウォーキングを再開しました!このアプリを始めて、先日、アプリの歩数を見ると4000歩ぐらいで、6000歩まで後2000歩・・・。維持になってしまい、雨で外には行けなかったので、家で足踏みして6000歩にしました\(//∇//)\ たかが足踏み、されど足踏み!!!意外にきつかったです( ̄▽ ̄)

 

そんな感じで、歩いてポイントもらって、お得に過ごしたいと思ってます(^-^)/

ドコモ限定にはなりますが、ドコモの方は是非利用してみてください☆

保険内容の確認が可能に!「家族情報登録制度」

こんにちは(^-^)/ 最近、やっと秋めいてきて過ごしやすくなりましたね。秋は短いので秋服を楽しみたいと思いつつ、いまだ夏装いになってしまっている橋本です(o ̄∇ ̄o)♪

 

さて、私の親ももう65歳以上、父は71歳を迎えました。まだまだ若いと思っていますが、親の事を何にも知らないでは何かあった時に困る歳になってきました。そんな中、親の保険についての記事を読みました。

 

東日本大震災をきっかけに契約者が事前に登録した家族であれば、契約内容などの問い合わせに応じる「家族情報登録制度」を新設する保険会社がここ数年増えているという内容でした。保険内容について家族であれば契約者本人に代わって保険の内容を教えてもらえると思っていましたが、そうではなく、原則、契約者以外に契約内容は教えられないようです。

この制度が創設されたため、登録した家族が電話などで保険会社に問い合わせると、具体的な契約内容や保険金請求のための手続き方法を教えてもらえるようになり、保険金の請求漏れを防ぐことができ、受け取れるはずの保険金がもらえないといった事態を避けられるようになりました。

 

登録できる家族は3親等以内の親族、登録可能人数は1~3人という会社が多いようです。引越しや災害などの理由で定期的な契約内容の確認通知などが契約者に届かなくなった場合に登録した家族に会社から連絡もできるようになり、保険会社にもメリットがあるようですね(^-^)

契約者の高齢化にも対応できるようで、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が10月に発売する認知症保険では1人の家族情報の登録を必須としています。

 

ただし、この制度は保険金の請求や解約、登録内容の変更などはできないので、そういった手続きもできるように「指定代理人」の登録をする必要があります。また、登録時と利用が必要になった時点とで家族の状況が変わっていることもあるので、定期的な確認と見直しが必要になってきますね(o^^o)

 

親の保険のことは全く気にしていなかった私ですが、これをいい機会にこの登録のことを親に話してみようと思います。また、親の保険もですが、自分の保険も定期的に確認と見直しをしていきたいと思いました。

親の歳もですが、災難災害が多く起こっている昨今、必要なことは早めに行動したいと思います(^^ゞ